悲喜こもごも

読むと得も損もあり!

現役 年金

摂食障害やうつ病になった場合,障害年金は申請できる?

以下は,ファイナンシャルフィールド提供記事(執筆者:遠藤功二)のほぼほぼコピペです。 摂食障害やうつ病になった場合,障害年金は申請できる? 心の病は長引くことがある? 厚生労働省が発表している「病院報告(令和4年1月分概数)」によると,精神病床…

「iDeCo」の節税効果,NISAよりiDeCoを選ぶべき人やふるさと納税との関係も!

以下は,MONEY PLUS提供記事のほぼほぼコピペです。 資産形成において知っておきたい制度「iDeCo」(イデコ)があります。「聞いたことあるけど,調べる時間がもったいないし,NISAで十分」ですって? 節税できるかもしれないことに気づかず,もったいないの…

年金を月30万円もらうには、現役時代にどのぐらいの収入が必要?

以下は,あるじゃん(All About マネー)提供記事(監修・文/深川弘恵)のほぼほぼコピペです。 老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不…

iDeCo(イデコ)とNISA(ニーサ)の違いは?

以下は,zakzak提供記事のほぼほぼコピペです。 60歳から受け取れないイデコ 60歳前後で始める資産運用の選択肢にニーサ 政府は個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」の加入年齢を,現行の64歳以下から65歳以上に引き上げる方針だ。少額投資非…

国民年金は所得保障と死亡保障が付いた,約10年で元が取れる終身年金!

以下は,マネーの達人提供記事(執筆者:社会保険労務士 木村 公司)のほぼほぼコピペです。最後に≪私感≫を付け加えました。 公的年金(国民年金,厚生年金保険など)の一種である国民年金の,保障を受けられる被保険者は,次のような3種類に分かれておりま…

日本生命が確定給付企業年金の利率引き下げの衝撃 会社任せでは老後資金作れぬ時代

以下は,マネーポストWEB 提供記事(週刊ポスト2022年5月6・13日号)のほぼほぼコピペです。最後に≪私感≫を付け加えました。 この先,医療の進歩によって人生100年どころか,「人生120年時代」が到来する――そんな予測が専門家の間で語られるようになった。 …

「繰り下げても年金が増えないなんて」 4月“年金大改正”の思わぬ落とし穴

以下は,マネーポストWEB 提供記事のほぼほぼコピペです。 政府・与党内で検討が進められていた年金生活者への「一律5000円給付」が,世論からの激しい批判を受けて,白紙に戻される方向だ。自民党の高市早苗・政調会長は「もうこの話はなくなった」と明言。…

年金だけに頼れない…知って得する公的制度 これだけある医療,雇用,住宅など給付・還付金

以下は,zakzak 提供記事(解説:丸山晴美氏)のほぼほぼコピペです。 新型コロナウイルスの医療費は公費負担だが,それ以外の医療費が高額になった場合,1カ月の自己負担分が一定額を超えると支給されるのが「高額療養費制度」だ。 上限額は年齢や年収によ…

100万人以上が手続きせず…「確定拠出年金の放置」で積み立てた年金がもらえないリスク

以下は,PRESIDENT Online提供(経済コラムニスト 大江 英樹)の記事のほぼほぼコピペです。 企業型確定拠出年金の加入者が増えている。そんな中,転職や退職の際に手続きをせずに放置し「自動移管」されている人が100万人を突破した。経済コラムニストの大…

2022年度に廃止される「年金手帳」,手帳はどうなる?

MONEY PLUS掲載記事の,ほぼほぼコピペです。 公的年金の加入者に国から配られる年金手帳。年金手帳には,大切な自分の年金に関する情報が記載されているのですが……実は,2022年4月に廃止されることになりました。すでに年金手帳を持っている方は,今後どう…

国民年金と厚生年金の違いは?

拝野 洋子氏の文をほぼほぼコピペしたものです。 零細企業のサラリーマンは国民年金と厚生年金のどちらを払っているのかについてです。難しい年金制度。今回は,年金制度の基本について解説します。 Q:サラリーマンは国民年金と厚生年金,どちらを払ってい…

要確認!「ねんきん定期便」の見方のポイント

このブログは,拝野 洋子(マネーガイド)の記事の加除訂正です。 平成21年4月より、年金制度加入者全員に年1回「ねんきん定期便」が送付されるようになりました。保険料納付の実績や将来の年金給付に関する情報を,日本年金機構がお知らせするものです。 ね…