悲喜こもごも

読むと得も損もあり!

年金 定年

退職金が激減…!「厳しい現実」

以下は,現代ビジネス提供記事のほぼほぼコピペです。 退職金が激減している…! 誰もが心配な定年後の仕事と生活。定年前のお金の問題として,「退職金」の状況がどう推移しているのか,というポイントがある。 話題の新刊『ほんとうの定年後 「小さな仕事」…

妻を扶養しているかどうかで,夫の年金受給額は変わる?

以下は,All About 編集部提供記事(監修・文/深川弘恵)のほぼほぼコピペです。 今回は,妻を扶養しているかどうかで,夫の年金受給額は変わるのかについてです。 老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」…

日本生命が確定給付企業年金の利率引き下げの衝撃 会社任せでは老後資金作れぬ時代

以下は,マネーポストWEB 提供記事(週刊ポスト2022年5月6・13日号)のほぼほぼコピペです。最後に≪私感≫を付け加えました。 この先,医療の進歩によって人生100年どころか,「人生120年時代」が到来する――そんな予測が専門家の間で語られるようになった。 …

「繰り下げても年金が増えないなんて」 4月“年金大改正”の思わぬ落とし穴

以下は,マネーポストWEB 提供記事のほぼほぼコピペです。 政府・与党内で検討が進められていた年金生活者への「一律5000円給付」が,世論からの激しい批判を受けて,白紙に戻される方向だ。自民党の高市早苗・政調会長は「もうこの話はなくなった」と明言。…

年金大改正で,「60歳から繰上げ受給」を考えている人がハマりがちな落とし穴 ,「損益分岐点」

以下は,現代ビジネス提供記事のほぼほぼコピペです。 メディアの情報に正解はない 2022年4月に行われた年金改正は,多くの方の関心を集めメディアでも大きく取り上げられています。しかし人生100年時代に個々人が公的年金をいかに活用するかは,メディアで…

退職金と年金を同時に準備できる制度(iDeCoや確定拠出年金など)(2)

3 不足分を補うためのiDeCoや小規模企業共済 前述のように退職金・公的年金の減額が続くので,自分でその不足分を補う必要があります。そして,退職金と年金という別々の制度を利用するには,手間暇を要することになります。また,定年退職のころに,まとま…

退職金と年金を同時に準備できる制度(iDeCoや確定拠出年金など)(1)

1 非正規社員が退職金を受け取るのは至難の業 2020年10月13日の最高裁は,非正規社員に賞与や退職金が支払われなかったことは,不合理な格差ではないとの判決を下しました。賞与は正社員基準の60%,退職金は正社員基準の25%の支払いを認めた高裁の判決を…

「マクロ経済スライド」の年金制度(賃金・物価による調整)とは?

All About 編集部(監修・文:ファイナンシャルプランナー深川弘恵氏による)記事のほぼほぼコピペです。 今回は,年金の給付額を決める際に用いられる「マクロ経済スライド」という仕組みについてです。老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生…

≪それって本当!≫年金は65歳からもらわない方がいい?

以下は,All About生命保険ガイドの小川千尋氏の記事を編集部が最新情報に加筆したものです。なお,各理由の最後に逆の見解ともいえる≪私見≫を記しました。ご自身の選択の参考にして頂ければ幸いです。 65歳からもらえる老齢基礎年金を繰り下げ受給したい理…

60歳以降に厚生年金に加入せず働きたい場合、週何時間までならOKですか?

ファイナンシャルプランナーの深川弘恵氏による監修・文のコピペです。 60歳以降に厚生年金に加入せず働きたい場合の注意点 老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難し…

将来の年金の話(2)年金保険料の支払いは損? *おわりに

問2 年金保険料の支払いは損? 答:損でない 理由 支給開始年齢(繰上げ・繰下げがなければ)から,一定額が亡くなるまで支給されることになります。亡くなった場合には遺族年金等が支給されます。ケガや病気で障害が残った場合にも障害年金が支給されます…

将来の年金の話(1)年金はもらえる?

職場や同世代の友人たちの間で,「私たちの世代は年金もらえる?」という話を聞いたことはありませんか? そして,個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」「つみたてNISA」などの資産運用のはなしになって,最初の疑問の答えはウヤムヤになってしまって……。 …

70歳定年法と年金制度改正(2)あなたの老後は?

前回の年金制度の改正とともに,下記3の法改正が加わることになりました。選択肢が増えることは,必ずしも良い結果を生むとは限りません。換言すれば,それだけ自己責任の範囲が増え,その結果も甘受しなければなりません。 3 確定拠出年金の加入可能要件…

70歳定年法と年金制度改正(1)あなたの老後は?

近年,会社員は定年後の再雇用も含め65歳までは給与収入、65歳以降は年金収入を柱として考えてきました。しかしながら、2019年の総務省「労働力調査」によると、60代後半の就業率は10年間で36%から48%に増加しており、長く働く人が増えています。そこで,…