悲喜こもごも

読むと得も損もあり!

摂食障害やうつ病になった場合,障害年金は申請できる?

以下は,ファイナンシャルフィールド提供記事(執筆者:遠藤功二)のほぼほぼコピペです。 摂食障害やうつ病になった場合,障害年金は申請できる? 心の病は長引くことがある? 厚生労働省が発表している「病院報告(令和4年1月分概数)」によると,精神病床…

最新版「年齢別の平均給与額」はいくら?

以下は,All About提供記事(文:福一 由紀)のほぼほぼコピペです。最後に≪私感≫を付け加えました。 同年代でも,性別や雇用形態,学歴,業種によって給料事情が違うもの。2022年発表,厚生労働省「令和3年賃金構造基本統計調査」の調査結果をもとに年齢別…

自己破産すると年金はもらえない?

以下は,dメニューマネー提供記事(文/編集・dメニューマネー編集部)のほぼほぼコピペです。 老後に生活資金を捻出できず,老後破産に陥ってしまったら──。破産しやすい夫婦の特徴にはどのようなものがあげられるのだろうか。もし万が一,自己破産してしま…

個人事業主が利用できる公的年金制度とは?

以下は,ZUU Online提供記事のほぼほぼコピペです。 人事業主などの自営業者は基本的に国民年金保険のみの加入になります。そのため,会社員など厚生年金保険加入者に比べると,リタイア後に受け取れる年金額は少なくなります。 ただ,自営業者などの国民年…

個人事業主が破産したら,個人の財産はどうなる?

以下は,ZUU Online提供記事のほぼほぼコピペです。 本記事は,福西信文氏の著書『「事業をやり直したい」と思ったときの会社のたたみ方』(合同フォレスト)の中から一部を抜粋・編集しています。 ■個人事業主の場合 会社を設立して事業を行っている法人や…

掛け捨て型と貯蓄型の生命保険の違いは?

以下は,ファイナンシャルフィールド提供記事(執筆者:古田靖昭)のほぼほぼコピペです。 掛け捨て型と貯蓄型の違い 掛け捨て型の生命保険とは,保険をかけて支払った保険料を「捨てる」,つまり保険料が戻らないタイプの保険商品のことです。掛け捨て型に…

「いらない保険」の見分け方!

以下は,PRESIDENT Online 提供記事のほぼほぼコピペです。最後に≪私感≫を付け加えました。 ※本稿は,金川顕教『公認会計士が教えるお金の増やし方大全』(ポプラ社)の一部を再編集したものです。 毎月の出費を抑えるにはどうしたらいいか。公認会計士の金…

経営者退職金に必要な「役員退職金規程」(中小企業経営者必見!)

以下は,ファイナンシャルフィールド提供記事(執筆者:古田靖昭)のほぼほぼコピペです。 役員退職金規程はなぜ必要なのか 役員退職金規程は,適正な金額と計算方法を明らかにするために必要となります。例えば,取締役が2人いる場合に,退職金の算出基準が…

大学生の国民年金保険料は親に支払ってもらうのがお得! 節税効果は?

以下は,ファイナンシャルフィールド提供記事(執筆者:FINANCIAL FIELD編集部)のほぼほぼコピペです。 20歳になると,大学生でも納付しなければならない国民年金保険料 大学生であっても,20歳になれば国民年金の保険料を納付しなければなりません。 2022…

「iDeCo」の節税効果,NISAよりiDeCoを選ぶべき人やふるさと納税との関係も!

以下は,MONEY PLUS提供記事のほぼほぼコピペです。 資産形成において知っておきたい制度「iDeCo」(イデコ)があります。「聞いたことあるけど,調べる時間がもったいないし,NISAで十分」ですって? 節税できるかもしれないことに気づかず,もったいないの…

妻を扶養しているかどうかで,夫の年金受給額は変わる?

以下は,All About 編集部提供記事(監修・文/深川弘恵)のほぼほぼコピペです。 今回は,妻を扶養しているかどうかで,夫の年金受給額は変わるのかについてです。 老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」…

年金を月30万円もらうには、現役時代にどのぐらいの収入が必要?

以下は,あるじゃん(All About マネー)提供記事(監修・文/深川弘恵)のほぼほぼコピペです。 老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不…

iDeCo(イデコ)とNISA(ニーサ)の違いは?

以下は,zakzak提供記事のほぼほぼコピペです。 60歳から受け取れないイデコ 60歳前後で始める資産運用の選択肢にニーサ 政府は個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」の加入年齢を,現行の64歳以下から65歳以上に引き上げる方針だ。少額投資非…

「所得税が0」なのに住民税が課税されるのはなぜ?

以下は,All About提供記事(文:坂口 猛)のほぼほぼコピペです。 確定申告や年末調整など,所得税については気にしている人でも,住民税は気にしていないという人も多いようです。所得税はかからなかったけど,住民税の支払い通知が! その理由を見てみま…

暗号資産(仮想通貨)はどの所得に分類される? 税金や確定申告時の注意点

以下は,ファイナンシャルフィールド提供記事(執筆者:FINANCIAL FIELD編集部)のほぼほぼコピペです。 ビットコインに代表される暗号資産(仮想通貨)の売買で利益を得た場合,所得にあたるため,税金がかかります。仮想通貨での利益はどの所得に分類され…

住民税非課税世帯とは年収いくら?

以下は,All About提供記事(文:坂口 猛)のほぼほぼコピペです。 住民税非課税世帯というのは具体的に年収がいくら以下の世帯を指すのでしょうか? 税金の話は難しいと感じる人がいると思いますので,できるだけわかりやすく解説してみます。 住民税非課税…

「住民税」の金額は6月から変わる!仕組みや計算方法は?

以下は,LIMO提供記事(石倉 博子氏によるもの)のほぼほぼコピペです。 会社員の場合,住民税は給料から天引きされるため,いくら払っているのかよくわからないという人は多いと思います。ただ,気を付けて給与明細を見ている人は,6月から金額が変わってい…

離婚したら年金はどうなる?配偶者に知られず確認できる「年金記録」で見るべきポイント

以下は,MONEY PLUS提供記事のほぼほぼコピペです。 アラフィフ世代が住宅購入を考える際,ローン返済の資金として年金を考慮に入れることでしょう。 そこで,公認会計士でコラムニストの千日太郎 氏の著書『知らないと損する年金の真実 - 2022年「新年金制…

投資は税金知識がない人ほど損 各税率や繰越控除など3つのポイント

以下は,マネーの達人提供記事(執筆者:元税務署職員 平井 拓 )のほぼほぼコピペです。 株式やFX,仮想通貨取引など,お金を増やす手段はいくつも存在します。 投資方法についてはよく耳にしますが,投資で得た利益に対する税金の扱いについてまで説明して…

長期金利が上がると,なぜ株価や債券価格が下がるの?

以下は,All About提供記事(文:井上 陽一)のほぼほぼコピペです。 長期金利が上昇すると,どうして株価や債券価格が下落するかを知るために,金利と株価,債券の関係をまとめてみました。 株価と債券価格は需給のバランスで決まる まず前提として,株式や…

国民年金は所得保障と死亡保障が付いた,約10年で元が取れる終身年金!

以下は,マネーの達人提供記事(執筆者:社会保険労務士 木村 公司)のほぼほぼコピペです。最後に≪私感≫を付け加えました。 公的年金(国民年金,厚生年金保険など)の一種である国民年金の,保障を受けられる被保険者は,次のような3種類に分かれておりま…

国民年金保険料の未納を放置した場合には?

以下は,MONEY PLUS提供記事のほぼほぼコピペです。 国民年金は,保険料(国民年金保険料)を支払うことで,老後を迎えたときや障害・死亡といったもしものときに年金を受け取れる制度です。でも,中には国民年金保険料を「未納」つまり,支払わないでいる人…

日本生命が確定給付企業年金の利率引き下げの衝撃 会社任せでは老後資金作れぬ時代

以下は,マネーポストWEB 提供記事(週刊ポスト2022年5月6・13日号)のほぼほぼコピペです。最後に≪私感≫を付け加えました。 この先,医療の進歩によって人生100年どころか,「人生120年時代」が到来する――そんな予測が専門家の間で語られるようになった。 …

老後の親は子供の扶養に入れたほうがいい?税の軽減は?扶養の仕組みや注意点

以下は,MONEY PLUS提供記事のほぼほぼコピペです。 バリバリ働く40~50代になると,親が現役を引退して年金生活に入っています。「親を自分の扶養に入れた方が良いのかな」「税金がお得になるって聞いたことがあるな」と考える人もいるのではないでしょうか…

制度を知らずに手続きをすると大損することも!定年前の確定拠出年金

以下は,東洋経済ONLINE提供記事(山中 伸枝 :ファイナンシャルプランナー(CFP®))のほぼほぼコピペです。 定年が近づくといろいろと考えなければならないことが増えてきます。59歳のAさんは,最近お疲れ気味。妻との会話はもっぱら老後のお金のことばかり…

所得税と住民税とは?給料から天引きされる二つの税金

以下は,All About提供記事(文:福一 由紀)のほぼほぼコピペです。 「所得税」と「住民税」,2種類の税金が毎月の給料から引かれていることはご存じでしょうか。どうして2つも引かれるの? 違いは? それぞれの税率や計算方法は?という問いにお答えします…

大学時代に国民年金「未加入」だった残念な50代の会社員は,年金を「満額」ではもらえない1!

以下は,東洋経済オンライン提供記事のほぼほぼコピペです。 現在50代の会社員は,学生時代に国民年金に未加入だった人が多いため,老齢基礎年金を満額では受け取れない。 毎年1回,自分の誕生月に届く「ねんきん定期便」。ここで久しぶりに年金の存在に気付…

年金を「75歳」から繰り下げ受給すると,逆に「大損」?

以下は,現代ビジネス提供記事(森永 卓郎(経済アナリスト))のほぼほぼコピペです。 そう遠くない将来,夫婦の年金受給額が「月額13万円」にまで減る――経済アナリストの森永卓郎氏はこのように予測します。そうなった場合,すでにカツカツな高齢者はどう…

「繰り下げても年金が増えないなんて」 4月“年金大改正”の思わぬ落とし穴

以下は,マネーポストWEB 提供記事のほぼほぼコピペです。 政府・与党内で検討が進められていた年金生活者への「一律5000円給付」が,世論からの激しい批判を受けて,白紙に戻される方向だ。自民党の高市早苗・政調会長は「もうこの話はなくなった」と明言。…

年金大改正で,「60歳から繰上げ受給」を考えている人がハマりがちな落とし穴 ,「損益分岐点」

以下は,現代ビジネス提供記事のほぼほぼコピペです。 メディアの情報に正解はない 2022年4月に行われた年金改正は,多くの方の関心を集めメディアでも大きく取り上げられています。しかし人生100年時代に個々人が公的年金をいかに活用するかは,メディアで…